ヒゲ脱毛の最新事情@レーザーを使用した処理が確実だと言われています

MENU

手軽に使えるレーザー脱毛

ライトな薄毛のヒゲ脱毛や重度な青髭と呼ばれるヒゲ脱毛、共に効果絶大といえる脱毛方法がレーザー照射によるヒゲ脱毛です。

レーザー照射タイプの特徴として一般的に家庭用やエステサロンに普及しているタイプのフラッシュ脱毛よりも、さらに強いエネルギーを患部へ照射することで毛根を焼き切る事が可能です。

もっというなら家庭用やエステサロンにあるタイプのフラッシュ脱毛タイプは、健康器具の一種であり医療行為ではありません。

従ってヒゲの濃さによっては効果が出にくい場合、また何度も通院が必要になって来る場合があります。一方でレーザー照射の場合は医療行為になりますので、専門技師による治療になってくるわけですが、効果は毛根を根底から完全に焼き切りますので絶大な効果が期待できます。

ただリスクもあり、やはり医療行為というくらいですから、毛根への負担が大きく麻酔なしではレーザー照射は難しく、実際に幹部へレーザーを当てる際は、若干の痛みが伴います。

ただ最近のレーザー脱毛機器は進化してきており、より毛根へのピンポイントでのレーザー照射が可能になったため、患者の負担は徐々に軽減されつつあり、また使い方もより簡単に使えるようになってきたようです。

どうしてもフラッシュ脱毛や光脱毛の場合は、その威力が弱いため効果はレーザー照射に比べ半減するものの、手軽に使える分継続することでそれなりの効果は期待できます。

しかしより深刻なヒゲの場合、これではなかなか効果を出す事は難しいため、1段階上のレーザー脱毛で確実に効果を出す方が費用面でも時間の面でも効率的であると考えます。

永久脱毛が安い料金で提供されています

既存の脱毛施術では最強の効果

恐らくヒゲ脱毛施術の中で確実に結果を出す事の出来る方法は、このレーザー治療であると断言できます。なぜなら実際に脱毛専門サロンのヒゲに悩む男性の多くが、このレーザー治療を受けた事で安全に理想的な顎を手に入れているのです。

ではレーザーによるヒゲ脱毛がどうしてそこまで効果が高いのかをご説明しますと、まずその治療器具の質にヒミツがあります。レーザーとは厳密には医療機器として手術などで使用されている道具であり、レーザーメスなどで実際の医療現場で使用されています。

つまり高い出力で皮膚や細胞を切り取るメスを毛根焼き用に改良しているわけですから、ヒゲ脱毛に高い効果がないわけがありません。ただ毛根を焼き切るということはそれだけ、直接的な肌ダメージがあるという事であり痛みを伴います。

また一時的にレーザー照射直後は若干、肌が赤く変色したり炎症を起こしたりする場合がありますが、カミソリや毛抜きのような原始的な方法で脱毛するよりも、肌の負担は軽いため安心して利用することが出来ます。

しかしこれらのリスクはありますが、確実に高い効果は期待出来、特にシェービング後の青ひげ状態にお悩みの方は見た事もないような綺麗な肌に驚かれるかもしれません。

実際に人の目に触れる機会の多い芸能人もお忍びで通っているクリニックもあり、こういったところでは安全に確実に結果を出すことが求められている事から、中途半端なフラッシュや光脱毛ではなく、レーザー照射によるヒゲ脱毛を積極的に行っています。

エターナルラビリンスに行って来ました

クリニックでヒゲ脱毛の費用

では実際、医療機器としてのレーザー照射ヒゲ脱毛と、健康機器としての光やフラッシュタイプのヒゲ脱毛の価格を比較した場合、どちらが安くそしてどちらが高いのか検証してみました。

まず前者の医療機器としての脱毛器ではないタイプを使うエステ店の場合、大よそではありますが5回から10回前後の通院が必要となり、費用は2万から10万円前後は必要です。

一方、医療機器としてのレーザー脱毛器を使うクリニックだと、最安値での比較となりますが、とあるクリニックの場合だと鼻の下と顎、そして首部分のヒゲ脱毛を4年間年間回数無制限で行った場合にかかる費用は、およそ7万円となっており、予め10回と回数が制限されているエステ店に比べクリニックの場合、4年間は回数無制限で通院出来る為、お得といえます。

これはあくまでヒゲ脱毛クリニックの最安値であり、平均値ではないため平均値になるともう少し価格も上がる可能性があります。

またレーザー照射タイプの方が光やフラッシュ脱毛に比べると、効果が高い為おススメではありますが、レーザー照射脱毛の場合はどうしても治療に際して痛みと術後若干の炎症が伴いますので、その痛みと苦しみに耐えうるだけのメンタリティは必要です。


しかし痛みは無いが効果も薄いエステサロンに中途半端に長く通うより、ヒゲ脱毛を始めとした専門の脱毛サロンでの施術の方が最初の費用はかかりますが確実に結果が出るため、長い目で見た場合お得になる場合が殆どなのです。